ロゴ

アルミ鋳物とは何か?

アルミニウムを溶かして、砂型や金型に流し込んで作る製品がアルミ鋳物です。アルミニウムを流しこむという作成方法から、さまざまな形や模様を作ることができます。アルミニウムは溶解温度が低い点も加工しやすいという特徴があります。

アルミ鋳物の優れた特徴BEST3

金型
no.1

軽さがあり耐久性もアップする

鉄や銅と比べると軽さが約1/3と軽いため、日用品だけでなく航空機や自動車などのパーツにも使われています。表面に加工を施すことによって、耐久性がアップし錆びにくくなるというメリットもあります。

no.2

身近なアイテムにも利用されている

熱が伝わりやすいため、エンジンや冷暖房装置などだけでなく、調理鍋などにも使われています。無毒性であることからも、家庭用の鍋や容器などの食に関わるアイテムなどにも幅広く利用されています。

no.3

リサイクル方法が確立している

アルミ鋳物は、原料から製品を作り、利用できなくなったら廃棄するという利用方法ではありません。利用できなくなった鋳物は、廃棄ではなく回収されて原料に戻し、さらに製品になるというリサイクル性の高さにも注目することができます。

アルミ鋳物の製造を依頼するときは技術力が高いところへ

アルミ鋳物製造には高い技術が必要です。より希望に合う、見た目の美しさなどの完成度の高い製品を求めるのであれば、技術力が高い業者への依頼をしましょう。価格で決めるだけでなく実際に制作した製品を見てみることも業者選びのポイントとなります。

ここも知っておこう!アルミ鋳物とアルミダイキャストの違い

溶かしたアルミの重さけで作る金型を使ったアルミ鋳物

アルミ鋳物の種類には砂型と金型に分けることができます。砂型は砂で型を作り、金型はその名前の通り金型で作成します。金型はダイキャストに似ていますが、金型鋳物では溶かしたアルミの重さだけで作っていくという特徴があります。

正確に仕上がりで大量生産できるアルミダイキャスト

アルミダイキャストを製造するときには、アルミニウムや亜鉛などの合金を金型内に圧入します。圧入された素材は一瞬の内に成形されることから、大量生産することが可能です。一瞬で成形できますが、高い技術が必要な製品であっても、精密にかつ正確に仕上がります。

幅広いところで使用されているのがアルミ鋳物の特徴

アルミ

身近なところでもアルミ鋳物製品がある!

アルミ鋳物は複雑な形状であっても作成が可能なことから、特殊な機械だけでなく、私たちの生活にも深くかかわっています。自動車やオートバイのパーツや軽量化が求められる飛行機の機種によっては機体の70%が利用されています。鉄道に関しても軽量化をめざしアルミを利用されるようになってきました。ボディがオールアルミという日本の国産車も登場し世界から注目されました。軽量化は燃費の良さにも繋がるため、これから登場する自動車にはアルミを利用される可能性が高まります。飛行機や鉄道などの大きなものだけでなく、菌の繁殖を抑えるという特徴もあることから医療機器のパーツや食器や調理器具にも利用されています。

アルミ鋳物の良さを知って使用することが大事になる

アルミは鉄や銅と比べると軽量ということが注目されがちですが、熱伝導率も注目できるポイントとなります。熱伝導率と効くと身近に感じませんが、調理器具に大きくかかわってきます。実は鉄よりも熱伝導率が3倍ほど、ステンレスと比べるとなんと約10倍以上もの熱伝導率が高く、調理中にはすばやく食材にすばやく火が通り、ムラなく加熱することができます。ちょっとした工夫ですが、アルミ鋳物にかえてみると料理がいっそう美味しくなるかもしれません。

広告募集中